エンタープライズリスクマネジメント研究



HOMEリスク戦略


リスク戦略について

永続的な企業成長に定期的なリスク戦略は不可欠です。

企業は対策に取り組むリスクを選定した後、選定された個々のリスクについてリスク戦略を検討する必要があります。リスク戦略とは選定された個々のリスクについて現在の状況(発生確率、影響度等)を分析し、その結果を踏まえて当該リスクに対してとるべき戦略を決定することです。

リスクレベルとリスク対策



<リスク戦略の種類>

企業がとるべきリスク戦略には、「リスク低減」、「リスク回避」、「リスク移転」、「リスク保有」があります。

・リスク低減とは

特定のリスクに関する確からしさもしくは発生確率、好ましくない結果又はその両者を低減する行為。すなわち、リスクの発生頻度を低減させる「リスクの予防・防止」、影響度を低減する「リスクの軽減」の観点からリスクをコントロールするものです。リスク低減はリスク戦略の中で最も多く採用される戦略で、企業が自ら積極的にリスクを低減させる戦略です。

・リスク回避とは

リスクのある状況に巻き込まれないようにする意思決定又はリスクのある状況から撤退する行動。つまり、リスクを伴う業務をすべて中止するということです。リスク回避戦略により、リスクはゼロとなります。リスクをゼロにすることは究極的なリスク戦略ですが、同時に得られるリターンもゼロになる点に注意が必要です。企業が営利を目的として設立されている以上、リスクを回避することで営利活動を阻害してしまう恐れがあります。

・リスク移転とは

特定のリスクに関する損失の負担を他者と分担すること。リスク移転は保険や契約によって行われる場合が多いようです。例えば、リスクの顕在化により被ることが予想される損害額を算出し、その金額と同等の保険をかけるという対応は、保険会社へのリスク移転を意味します。

・リスク保有とは

特定のリスクに関する損失の負担の享受。ここで注意したいのは、リスクを享受することもリスク戦略となることです。つまり、リスクの発生頻度が低く、影響度が小さなリスクについては、何がなんでもリスク対策を講じる必要はないということです。そのようなリスクについては、あらかじめリスクを保有することを宣言し、無駄なコストは発生させないことが費用対効果の観点からも有用となります。