エンタープライズリスクマネジメント研究



HOMEエンタープライズ・リスクマネジメントの考え方


エンタープライズ・リスクマネジメントの考え方

事業が抱えるリスクを抑えつつ、リターンの最大化を追及するプロセスです。

企業が、その目的を達成するとき、それに影響を与えるすべての事象をリスクとして想定し、それらを統合的かつ戦略的に管理することで、企業価値の向上に結びつけようという新しいリスクマネジメントの考え方と手法が、エンタープライズ・リスクマネジメント(ERM)です。 この考え方は、企業経営の効率化による企業価値の増大を最終目標とすることで、リスク管理への費用は単なる費用を超えて、リターンを生み出す投資として前向きに捉えることができるようになります。

  保険的、危機的アプローチによる
リスクマネジメント
エンタープライズ・リスクマネジメント
リスクの考え方 将来マイナス(損失)の現象を引き起こす可能性。 将来の不確実性。結果はプラス(収益)もマイナス(損失)もある。
リスクマネジメントの考え方 リスクの顕在化による損失等の発生を防ぐとともに顕在化したリスクの影響(損失)を最小限に抑えるプロセス。 収益の源泉としてリスクを捉え、事業が抱えるリスクを抑えつつ、リターンの最大化を追及するプロセス。

「エンタープライズ・リスクマネジメント」は、将来の不確実性としてのリスクを損失面だけでなく、プラス面をも捉え、リスクを抑制しつつ、リターンを最大化するプロセスとして捉えています。「エンタープライズ・リスクマネジメント」を導入することで、企業の収益において損失の発生確率が減少し、収益を生み出す確率を高めることになります。「エンタープライズ・リスクマネジメント」は、事業リスクを全社的視点で最適な方法で管理し、リターンを最大化することで、経営の安定性と効率を高め、企業価値を向上させるためのツールなのです。