エンタープライズリスクマネジメント研究



HOMEWhat's Anchor「アンカー・アンド・カンパニーってどんな会社?」


What's Anchor「ご挨拶」



事業戦略を確実にするアンカーマンとして

不確実な時代、事業戦略を確実にするためには、緻密な事業計画、営業戦略、コンプライアンス対応を含む全社的なリスク戦略が必要であり、特に各体制の根幹部分においては精通した人材の確保、ミスリードしない経営判断が不可欠です。 しかし、終身雇用体制が崩れ人材の流動化が進む現在、それぞれの分野に精通した人材を確保することは大変困難な状況であり、特に中小ベンチャー企業にとっては、専門的な人員を雇用することはコスト的に現実的でない場合が多いのではないでしょうか。 こうした背景を踏まえ、当社では専門性の高いスペシャリストによる攻めと守りのサービスで(利益を拡大するソリューションと利益を保護するソリューション)、クライアント様の永続的な企業活動に貢献したいと考えております。

代表取締役 目木知明

事業戦略を確実にするアンカーマンとして

<事業戦略を確実にする主なサービス>

@利益を拡大する!攻めるサービスメニュー(販売促進事業)
・アライアンス先(パートナー)の調査、新規事業プロジェクトの構築・運営
・アジア圏進出マーケティング
・WEBサイトの企画、制作、保守、SEO対策(検索エンジン対策)
・管理データベースの設計構築

A利益を保護する!守りのサービスメニュー(リスクマネジメント事業)
・コンプライアンス体制、リスクマネジメント体制フレームワークの構築
・各種マネジメントシステムの構築維持
・管理責任者の補佐、委員会・事務局の運営サポート業務
・リスクアセスメント、教育、監査の実施
・WEBサイトセキュリティ診断
・EAP(従業員支援プログラム)の構築・運営

<代表プロフィール>
目木知明(めき・ともあき)
●1975年兵庫県赤穂市生まれ。
約10年間に渡り、新規事業の立案構築・運営管理、リスクマネジメント業務に従事。 携わった事業として、移動体通信、デジタル放送サービス、プロバイダ事業等のフルフィルメント業務全般を運営。2002年からコンプライアンス、情報セキュリティマネジメント関連のトップ企業においてCEO補佐、情報システム管理責任者、個人情報管理責任者を歴任し、現在は、複数の企業において、事業戦略の立案と実行、リスクマネジメント委員会の運営、各責任者(CEO、CRO、CIO、CPO)の補佐業務などを請け負っている。